今回の禁煙は一味違う!確実に禁煙する方法を考えてみた!

be-brave

何度も禁煙にチャレンジしてきてわかったことがあります!!それは。。。私は意志だけでは禁煙できない人だということですww

では、今後どうやって禁煙したらいいのでしょう?

これは前回の禁煙する前に絶対知っておくべき1つのことで書いた通り、自分が身体的依存(ニコチン依存)が強いのか?心理的依存(習慣)が強いのか?ということを理解することが大変重要だと考えています。

私はニコパッチを使用した禁煙の失敗経験から、私の場合は心理的依存が強いのではないかという推測をしています。

それを踏まえた上で、今回は私の今後の禁煙方法について書いていきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

身体的依存から先に抜け出す

心理的依存(習慣)はタバコを決まったタイミング(食後やひと段落した時など)に吸うことが習慣化されていることによってタバコへの欲求が湧くというものです。

そこでとりあえず吸う行為は残しておいて、体内のニコチンを減らしていくことで段階的に禁煙を行おうと考えました。

つまり、心理的依存はひとまず先送りにして、先に身体的依存から解放されようということです。この方法ならば、禁煙が難しいとされている理由である「同時に2つの依存と戦わなければならない」という状況を回避できますね!!

具体的な方法は?というと。。。

禁煙グッズを使用する!

「結局それかよっ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは仕方がないんですよ!悲しいことに、私は”意志が弱い”のです!!幾度もの禁煙失敗経験で確証を得ていますのでw

今度こそ...今度こそ確実に禁煙するためです!

では、どのような禁煙グッズが良いのでしょうか?

ニコチンを含まない禁煙グッズを使用する

ニコチンを含んでいない禁煙グッズはガムタイプや薬タイプなどがあるようですが、今回使用したい禁煙グッズの条件は、下記の2つです。

  • 吸う行為を行う
  • ニコチンを含んでいない

この条件の禁煙グッズは

禁煙パイポ

禁煙パイポの画像

禁煙パイポはタバコの形状をしているアロマ吸引器といったところでしょうか?成分はメントールや柑橘系、ミント系のオイルのようです。

アロマにはリラックス効果等もあると思うので、タバコを吸う代わりにパイポを吸って禁煙の離脱症状を抑えながら、心理的依存も満たそうという商品です。

電子タバコ

電子タバコの写真

電子タバコも禁煙パイポと同様にタバコの形状をしているアロマ吸引器のようなものです。

パイポと異なる点はカートリッジに入れたフレーバーと呼ばれる液体をコイルで水蒸気にして香りを楽しめるという点。水蒸気があることでより吸っている感が味わえ、心理的依存を満たしやすい。

さらにフレーバーはメーカーによって多種にわたり、柑橘類、メントールといったものからコーヒー風味やバニラ風味などよりタバコの風味に近いものもあるようです。

電子タバコよさそう。。。

と、とりあえずどっちも試してみますっ!

まとめ

食後や仕事終わりなどに吸いたくなるような心理的依存が強い人は、まずニコチンを体内から取り除くことを考えてはいかがでしょうか?

さらに意志だけでは不安もしくは失敗したという方は、禁煙パイポや電子タバコの利用も兼用してみては?

今後、私がブログで実践結果を報告していくので、そちらも参考にしてみてください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

↓シェアしていただけると頑張れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓フォローしていただけるともっと頑張れます!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA