禁煙3週間で体調の変化が盛りだくさん!予想していなかった効果も!!

喜び

ついにピークといわれている禁煙3週間が経過しました!
「もう2ヶ月ぐらい経ってるのでは?」と思ってしまうほど、この禁煙生活は、厳しく、大変なものでした・・・。

禁煙を始めて3日前後まで強烈な渇望感に襲われ、1週間を過ぎたあたりで、不思議な喪失感を覚えるようになりました。このような症状によってタバコを吸ってしまい、禁煙に失敗している方も多いのではないかと思います。

私の場合は、そのような離脱症状は3週間弱でほぼなくなりました。そして、身体的にも精神的にもよい変化が起こってきました。この変化を体感できたことで、「もうタバコは吸わない!」と、意志がいっそう固くなりました。
さらに、予想もしていなかった変化も起こりました!想像していなかったことなので、私の中では一番うれしいことでした!

今回は2週間~3週間の離脱症状の変化と体調の変化について記載していきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.2週間~3週間までの離脱症状

2週間前後では「タバコがなくて寂しい」という喪失感のようなものを感じていましたが、3週間経つとタバコのことを忘れている日もある程で、離脱症状はほぼありませんでした。しかし、まだあるシチュエーションでは、吸いたいと思う気持ちが湧いてきました。

1-1 タバコと酒

ビール

実は、今回の禁煙は禁酒も同時に行っていました。それは「タバコをやめたいのにやめられない!よくある3つの失敗パターン」でも書いたように、禁煙を決意しても、お酒の席で失敗してしまうことが多かったからです。今回こそ禁煙を成功させると決意したので、飲み会の誘いなどすべて断りました!

そうして禁煙3週間が経ち、離脱症状がほぼ無くなったため禁酒を解禁してみたところ、やっぱりアルコールが入るとタバコ吸いたいなーと思いました。でも、禁煙1週目の「タバコ吸わないと気が狂いそう!」というようなものではないので、簡単に我慢は出来ました!

おそらく

  1. タバコと酒というセット(習慣的な問題)
  2. 抑制心が緩む(まだ心のどこかでタバコを吸うのを我慢していると思っているのかも)

が原因かと思います。

まあ、それほど強い欲求ではないので、禁酒は解禁していきます!

2.身体的な変化

ランニングをしている人

禁煙開始から3週間が経ち、体調に良い変化が現れるようになりました。

2-1 嗅覚が良くなった

1番変化が明確だったのが、嗅覚の変化です。間違いなく良くなっている!

特に下記のような点で、嗅覚の変化を強く感じました。

  1. 飲み物や食べ物の香り・臭いがより鮮明に感じるようになった。
  2. 空気の香りをより鮮明に感じるようになった。
  3. タバコがとても臭いものだと理解できた。

1は味覚ともつながるのですが、まあご飯がおいしい!素材や調味料、出汁などの風味だったりが、すごくはっきり分かるようになりました。おかげで、今までおいしいと思っていたものが、より美味しいと感じるようになりました!ただ、今まで不味かったものは余計不味く感じますw

2では、澄んだ朝の臭いや木々の香り、畑の土の臭いなど、今まであまり気づかなかった空気の臭いを感じるようになり、ちょっと幸せな気分になれました。また、いろいろな臭いを感じるようになったおかげで、最近は外出が楽しくなり、時間があるときは公園や河原に散歩に出かけるようになりました!

3は「今まで迷惑かけて申し訳ございませんでした!」と謝りたくなる経験でした。喫茶店、喫煙所の近く、パチンコ屋の出口、そして喫煙者の口臭&服臭!吸っていた時は全く気付かなかったのですが、よくあんなものを吸っていたなと思うほど臭いのです。いやー、自分がこれほどまで非喫煙者の方に迷惑かけていたとは・・・本当に禁煙して良かったです。

2-2 味覚が良くなった

嗅覚との相乗効果かもしれませんが、味覚も良くなったように感じます。

甘いものが甘く、辛いものが辛く、しょっぱいものがしょっぱいのです!「当たり前だ!」と突っ込まれそうですが、以前より細かく違いがわかるようになりました。

そして、今まで好きだった味付けが結構濃かったと気づけましたw

3.精神的な変化

喜んでいる人

体調の変化だけではなく、精神的な変化もありました。

3-1 タバコが吸えないことによるイライラがなくなった

最近は喫煙所も限られたスペースしかないので、喫煙所を探すのも一苦労。また、会議や移動などの長時間の拘束など吸いたいのに吸えないといった場面をよく経験しました。

今はタバコを吸いたいとほとんど思わないので、無駄にイライラすることがなくなりました。そのおかげで、集中力も増し、仕事の効率も上がってきました。

3-2 自信がついた

今まで何度も何度も失敗し続け、周りの人からは「また言っているよー」と信用さえ失う要因であった禁煙が継続出来ているのです。そりゃあもう、自信つきますよw

本当に離脱症状が苦しかったので、何度も「タバコを吸ってしまえ!」と思いましたが、今までの失敗を振り返り、なんで失敗しているのか、どうしたら成功するのか、自分の現状を確認して、対策を打って、実行していたらPDCAが自然と行われていました。

自分だけの力でこれまで挫折していたことを解決出来ていることに、本当に自信をもてました。

また、次の3-3、4も自信がついた要因の一つです。

3-3 周りの人に必要以上の気を使わなくなった

今まではタバコの臭いや吸うタイミングなど、非喫煙者の友人や仕事関連の人に対して気を使っていました。気を使っていると、どうしても一歩下がった目線になりがちでした。また、現代社会では喫煙者=マイナスイメージが定着しているので、なおさらでした。

そういった自身と周りの思い込みから解放されることで、余計なことに気を使うこともなくなり、ストレスもなくなり、自信を持つ一因にもなりました。

4.予想外!周囲の人からの反応!!

同僚

明らかに周囲の見る目が良い方向に変わってきました!禁煙の効果は身体的な効果しか考えていなかったので、私にとっては予想外の効果です。

喫煙者の人からは「見習いたい!」とか「自分もやめたいから、方法を教えて!」と称賛の声をもらうようになりました。特に、非喫煙者の上司や友人からは「見直した」とか「やればできるじゃん」といった声も上がりました。

実は、禁煙しろと注意してきた上司や先輩たちは、いつになっても禁煙できない私に対して少し呆れていたそうです。非喫煙者の人は禁煙の苦しさを知らないので、かなり厳しい目線で見ていると気づけました。

ともあれ、そのような厳しい目線も無くなり、ギャップでむしろプラスの面が目立つのか、今まで厳しい態度だった人からもよく話しかけられるようになりました。

禁煙をしたことで、周りからの評価が良くなり、人間関係も好転してきています。今まで感じていた主観的な効果ではなく、客観的な効果なので、今のところ一番嬉しい禁煙の効果です!

5.まとめ

喫煙歴7年のタバコを吸うことが日常になっていた私は、禁煙3週間にして多くの効果を感じました。それは嗅覚や味覚などの身体面への効果や、自信や考え方などの精神的な効果と両面に現れていて、さまざまな気づきを与えてくれるきっかけでもありました。さらに、私自身の変化に加えて、周囲からの評価も好転してきているという予想外の効果もありました!本当に、禁煙をして良かったと思えた3週間目でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

↓シェアしていただけると頑張れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓フォローしていただけるともっと頑張れます!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA